声に出して覚えてみよう

耳栓を使うと記憶力アップ+C35

私はどちらかというとほとんど英単語を書いて覚えたことはありません。
書くのは正直疲れるだけで紙の無駄なのと時間がかかるし労力の割にはそこまで覚えられないと思っているからです。
ただ京都大学に合格した方は、書いた方が長期的な記憶になる、書かない暗記は短期的な暗記とは言っていました。
なので人それぞれだとは思いますが私は、声に出して覚えるか、耳で聞く覚え方がしっくりきたのでその方法をお伝えします。
耳栓なしでも声を出して覚えられますが、耳栓があるとより集中できるし効果が上がるのでおすすめです。
普通に英単語などを声に出してもいいですし、声を変えてささやくような声、アニメ声など普段出さない声を出してみると脳の刺激になって覚えやすくなると思います。

ブルートゥースイヤホンで効率アップ

自分が声に出した覚えたい英単語や英文などの音声をスマートフォンの録音アプリや、ICレコーダーなどで録音して時間があるときや暇なときに聞く方法がおすすめです!

普通のイヤフォンでも良いのですが、ブルートゥースイヤホンは離れたところでも聞くことができるので効率がいいのでどこでも何回でも聞くことができるので記憶は反復学習で定着していくので良いと思います!

私は、寝るときや、部屋の掃除をしながらとか、テレビのコマーシャルのときとか隙間時間や何かをしながら、音声を聞いたりしていました!

また五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を使った方がより覚えられるので、そういったところも意識しながら勉強してみても良いと思います。